SPXLに全力を賭す!!

アラフォー既婚者。ずっと大阪在住。米国レバレッジETFの『SPXL』に100%全力投入し、まずは『億』を狙う


にほんブログ村

【スポンサーリンク】

レバレッジETFの恐怖は大暴落してからが本番

f:id:norikazutake:20181230141754j:plain

12/30です。

 

今日は朝から実家に行って

それから墓参りに行ってきました。

 

墓参りは年に4回行ってるみたいですが

たけいちは基本的に年末だけ参加してます。

 

で、墓に着いたら私は墓内の雑草を抜く

仕事を主に行うのですが

普段あまり雑草を抜くってことを

しないので抜いてる時にいつも

思うことがあります。

 

それは雑草とは云え

命あるものを亡き者にしていく

行為は果たして墓前で行っても

いいのだろうか?みたいなことです。

 

ま、それを考えながらもぶちぶちと

雑草を始末していくのですが例年

答えはでないまま、また来年って

ことになっています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

さて、今年の相場も終わりまして

結果的には本体出動は今年もなし!

ってことになりました。

 

たけいちのメイン投資銘柄である

SPXLは

S&P500の概ね3倍の

動きを実現するためのETFです。

 

毎日の動きの概ね3倍を上にも下にも

同期することを目標にしていまして

ある一定の期間となると

単純に3倍ということにはなりません

 

一定期間の3倍となると

S&P500が34%ある期間で

下がった場合、3倍だと

マイナス100%を超えることになり

株価はマイナス?になりますが

当然そんなことにはならないです。

 

EXCELなどでやってみたら

すぐにわかると思いますが

仮に基本的に毎日毎日数%前日より

下がったとしても小数点以下はかなり

多くなってしまいますが0には

ならないようになっています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

じゃあ、どんな高値でも売りさえしなければ

どんどんSPXLを買えばいいやんって

ことになるか?といえばそうではなく

やはりレバレッジETFは引き付けて

引き付けて引き付け倒してから投資した方が

気分的にも楽になります。。。が

恐怖はむしろ大きく下がってから

来たりすることもあります。

 

以下に株価が10ずつ下がった時の

下落率というのを載せました。

シチュエーション 下落率
株価が100から90に下落した時の下落率 -10.0%
株価が90から80に下落した時の下落率 -11.1%
株価が80から70に下落した時の下落率 -12.5%
株価が70から60に下落した時の下落率 -14.3%
株価が60から50に下落した時の下落率 -16.7%
株価が50から40に下落した時の下落率 -20.0%
株価が40から30に下落した時の下落率 -25.0%
株価が30から20に下落した時の下落率 -33.3%
株価が20から10に下落した時の下落率 -50.0%
株価が10から1に下落した時の下落率 -90.0%

 

仮に株価を100とした場合

90に下落すると当然下落率は

▲10%になります。

 

が、同じ株価10の下落でも

90から80になると下落率は

▲11.1%になります。

これが30から20だと▲33.3%

20から10だと▲50%

10から1だと▲90%になります。

 

株価が高値100から20に下落した場合

20は高値から80%も下落し

通常ならバーゲン状態になります。

ただそこで仮に買ったとして

その株価が10になると

投資金額は途端に▲50%になります。

 

暴落と思って買ったのに

投資金額が半分に・・・

 

では引き付けて90%下げである

10で買った時、

それが1まで値下がりしたら

投資金額が評価損ベースですが

90%減ることになります。

 

なので、あらかじめ暴落時には

こういう投資評価の減り方があると

認識しておかないと急激な

評価の溶解に完全にびびってしまい

手放してしまいかねません。

 

 【スポンサーリンク】

 

 

 

なので暴落の安値を拾うときは

一時的に大幅な評価損を抱えてしまう現象に

陥ることはありますがそこはぐっと我慢して

持ちこたえること。

それか気絶しておきましょう(笑)

 

そうすれば気が付いたときには大きな

利益を握っているかもしれませんね☆