たけいちの米国投信積立とレバレッジETFで『億』を目指す

大手通信会社の地域社員。アラフォー既婚者。大阪府にずっと在住。『米国株』は投資信託2種類(VTI・QQQ)を毎営業日ごとに変額積立投資【40%】と大暴落時に出動するレバレッジETF投資(SPXL)【54%】とFX(トルコリラ)をレバレッジ2倍までに抑えてスワップ投資【4.5%】と優待目的のイオン株メインで端数は米国リートETF投資【1.5%】で運用し『億』の資産を目指しています!


にほんブログ村

【スポンサーリンク】

米中貿易問題の一寸先は闇 コロコロ変わる市場予測

f:id:norikazutake:20181117212319j:plain

安倍首相も出席するAPECの首脳会議が

パプアニューギニアで開幕した。

これに先立ち、貿易問題で対立する

アメリカと中国が激しい応酬を繰り広げた。

会議に先立って行われた演説で、

中国の習近平国家主席と

アメリカのペンス副大統領が火花を散らせた。

両大国の間に入り、

安倍首相には難しいかじ取りが求められている。

習近平国家主席

「私たちは貿易保護主義、単独主義には

 はっきり反対すべきである。保護主義、

 単独主義の古い道を歩んでは問題解決に

 ならないだけではなくて、

 世界経済の不確定性を増やすだけである」

ペンス副大統領

「中国は、とてつもない障害や関税を課し、

 輸出入の割り当て、技術の強制移転、

 知的財産権侵害などに関与してきた」

習国家主席がアメリカを念頭に

保護主義などを批判したのに対し、

ペンス副大統領は

「この地域に独裁主義や侵略の居場所はない」と

中国を批判した。また、インド太平洋地域に、

インフラ整備のため600億ドルの融資枠を

設けたことなどを表明しました。

影響力拡大を狙った中国をけん制した形。

~引用元 日テレNEWS24~

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

あれ??

 

あれれ??

 

確か今日の朝・・・

 

米国株式相場はまちまち。

ダウ平均は123.95ドル高の25413.22、

ナスダックは11.16ポイント安の7247.87で

取引を終了した。

半導体セクターでの軟調決算を嫌気し、売りが先行。

ハイテク株を中心に売りが広がるなか、

トランプ大統領が貿易摩擦を巡る中国との

合意実現に楽観的な姿勢を示したほか、

追加の関税措置が不要となる可能性にも言及し

S&P500とダウが上昇に転じた。

~引用元 フィスコ~

 

ってなことでニュースの信ぴょう性って

なんなんだろうね??って思った。

 

【スポンサーリンク】

 

 

月曜は先物からダウは下がるのか?

 

あっ!また予想してるね

当たらないのに・・・

 

 たけいちはもう予想するのやめました。

どうせ当たらないし

予想するのではなく

めちゃ下がったなぁ~って思ったら

買いまくって放置し、

そんで10年くらい持ったら

売ればいいんじゃないの?って思う

 

それか買いまくった株は

そのまま放置し、またその間に

なけなしの給与からコツコツと

お金を貯めてまた暴落を待って

買いまくる。

 

 【スポンサーリンク】

 

 

 

数年で『億り人』になれるとは思っていません

そんな度胸もありませんし

 

でもコツコツやっての『億り人』になら

なれそうな気がします。

 

安く買って高く売る。

もしくは

安く買って持ち続ける。

 

それだけを愚直にやっていくだけです