たけいちの米国投信積立とレバレッジETFで『億』を目指す

大手通信会社の地域社員。アラフォー既婚者。大阪府にずっと在住。『米国株』は投資信託2種類(VTI・QQQ)を毎営業日ごとに変額積立投資【50%】と大暴落時に出動するレバレッジETF投資(SPXL)【45%】とFX(トルコリラ)をレバレッジ2倍までに抑えてスワップを獲得する投資【5%】で運用し『億』の資産を目指しています!


にほんブログ村

【スポンサーリンク】

全米株式とS&P500ってどっちが有利なの?

f:id:norikazutake:20181110140948j:plain

 

昨日の大阪は天気が悪かったんですが

行きも帰りも雨に合うことありませんでした。

 

今日は快晴!

ただ11月も1/3過ぎましたが

まだまだ暖かいですよね

 

紅葉は近畿でもだいぶ色づいているみたいですが

京都なんてバリバリ混んでそう

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

インデックス投資を行うにあたり

昔は先進国株投信というのしか

ありませんでしたが今は

ダウやS&P500、全米や

全世界、ナスダックなども

出てきてかなり充実しています。

 

先進国株投信はちょうどそれしか

無かった時に調子の悪かった欧州も

半分くらい入っているので

なんか損した気分だなぁと感じていました。

 

ダウが出た時はアメリカの指標と言えば

これっ!!ってな感じで喜びましたが

言っても30銘柄なんで

心配性のたけいちにとっては

もう少し分散したい・・・

アマゾンやグーグルにも投資したい

ってことでようやく出てきたのが

S&P500の投資信託

 

バフェット氏も投資に時間を掛けたくない

わずらわしいことは考えたくない

場合はS&P500でも買っとけ!!

って言ってるくらいなのでこれで

十分なんですが、そのあとに出てきた

アメリカ全部の株に投資する投信や

ナスダック100に投資する投信などが

出てきて結局今はその

全米とナスダックの2本立てに投資しています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

では、S&P500と全アメリカですが

違いはどうなのか?ってことですが

f:id:norikazutake:20181110142137p:plain

 

f:id:norikazutake:20181110142159p:plain

2つの違いをバンガードのHPから引用しました。

1位から10位の顔触れは同じです

 

S&P500は500と言いながらも505銘柄

に投資していまして情報技術銘柄が

突出して26%投資しています。

全米は3,654銘柄に投資していて

1番は金融と情報技術が仲良く同率ですが

カテゴリって2つ微妙に違うんですよね

 

なぜ同じ会社のファンドなのに違うのか

よく分かりません。。。

 

 【スポンサーリンク】

 

 

 

この2つのETFの成績は

アメリカのヤフーなどで見てもらえれば

わかりますが成績は、ほぼほぼ一緒です。

 

経費も同じ為はっきりいって

どちらを選ぶかは、ただの趣味趣向の

世界になってきそうです。

 

個別株投資にはリターン意外にも様々な

魅力があります。

それは配当や自分が調べた銘柄

他であまり言われていない銘柄が

ものすごい上昇した時の高揚感。

投資ってどうしても知的な感じがするので

やったった感を出したい気持ちが

時より溢れてきます。

 

当たるのもあれば当然ハズレもあり

個別は個別のリスクというのもあります。

 

そんな出来事をすべて取っ払って

行うのがインデックス投資になり、

リターンは個別株と比べたら

たいしたことないのかもしれませんが

どんな逆風が吹き上げようとも

気にせず投資するという

「ゆとり」を持って取り込むことができるのが

インデックス投資の最大の利点だと

たけいちは思っています。

 

~~結論~~

全米(VTI)とS&P500(VOO)は

どちらを選んでも良くて選択は趣味の世界