たけいちの米国投信積立とレバレッジETFで『億』を目指す

大手通信会社の地域社員。アラフォー既婚者。大阪府にずっと在住。『米国株』は投資信託2種類(VTI・QQQ)を毎営業日ごとに変額積立投資【50%】と大暴落時に出動するレバレッジETF投資(SPXL)【45%】とFX(トルコリラ)をレバレッジ2倍までに抑えてスワップを獲得する投資【5%】で運用し『億』の資産を目指しています!


にほんブログ村

【スポンサーリンク】

ドルコスト平均法を進化させて

f:id:norikazutake:20181106225804j:plain

毎日毎日2つの投資信託(VTI・QQQ)を

購入している たけいちです。

 

面倒くさくない??

 

ま、確かに月に1度の購入や

定期的にある日に自動で積み立ててる

っていう人からすると正直面倒くさいですよね

 

でも、2つの投資信託を買うだけなら

毎日1~2分くらい?なんで

それくらいの余裕があるたけいちには

全然苦になりません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

2つの投資信託は

全米(VTI)3 : 7 NASDAQ(QQQ)の

割合で毎日買っていますが

一定の金額を買っている訳ではありません

 

高い時にはより少なく

安くなったらより多くの金額で

投信を買うように金額に変化をつけています。

 

たけいちがやっているのは

投資信託の直近高値からの下落率によって

毎日の買う金額を変えています

 

最近で言うと10月の少し株価が凹んだ時には

多めに購入し、最近は徐々に投資額が

減少してきている感じです。

 

高値を更新すればそこが新たな基準点となるので

高値更新を続けていれば常に最低額の投資

を続けていくことになります。 

 

【スポンサーリンク】

 

 

ドルコスト平均法は、この先上がるか・下がるか

分からないので時間分散・金額分散して

買っていくというものですが

結局は安くなったらより多く買えれれば良く

 

多く買うには、より安い時に

より多くの金額を投入すればよいという

考えに至ります。

 

なので、たけいちは毎営業日に

その時の直近高値からの下落率によって

自分であらかじめ決めている金額表に基づき

購入することにしています。

 

ただ、外国株の投資信託なので

翌日に注文してもその日の価格で買うことが

できませんので

思った通りにはなっていないのかもしれませんね

 

 

 【スポンサーリンク】

 

 

 

ま、長い間積み立てる中での1日

しかも額が少ないってなれば

結果的にそれほど気にすることもないのかも

しれませんし、態勢に影響は無いのかもしれません

 

ただの気休めかもしれませんが

個別株の選別を諦めた たけいちにとって

気休めにしかならないタイミングの見計りに

ついて楽しみの1つとして

やっていったら地味で退屈な積立投資にも

やりがいがあるのではと思っています。

 

さて明日の注文を出しますか!!