たけいちの米国投信積立とレバレッジETFで『億』を目指す

大手通信会社の地域社員。アラフォー既婚者。大阪府にずっと在住。『米国株』は投資信託2種類(VTI・QQQ)を毎営業日ごとに変額積立投資【50%】と大暴落時に出動するレバレッジETF投資(SPXL)【45%】とFX(トルコリラ)をレバレッジ2倍までに抑えてスワップを獲得する投資【5%】で運用し『億』の資産を目指しています!


にほんブログ村

【スポンサーリンク】

pepperくんの時代は終わるが確かな爪痕は残したよね

f:id:norikazutake:20181027221829j:plain

 

ソフトバンク社の人型ロボット pepperくんが窮地に立っている

 

3年契約である法人向けモデルの更新が今年10月に

契約更新となるが「日経×TECH」の調査ではレンタル契約の

更新は15%にとどまっているようだ

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

ま、そうだろうね・・・

一発屋芸人にも当てはまるが

日本人は飽きがくるのがほんと早い

またpepperくんのレンタルも

べらぼうに高いようだし

 

pepperくんを置いて

人件費を減らせたのなら費用対効果という

考え方もできるが

ただの客寄せパンダとしか

使えてない企業であれば

客寄せ効果・目新しさがなくなれば

ただのお荷物になってしまう

 

【スポンサーリンク】

 

 

ソフトバンクの孫社長は

以前のNHKスペシャル「マネーワールド」の

第二回のゲストでこられていたが

アメリカのロボット企業を買収し

更なるロボットの開発にお金を出している

 

広島のショッピングモールの清掃ロボは

1台で5人分の働きをするらしい

 

管理者はインタビューで長期的にも短期的にも

コストはすぐに回収できると言っていた。

 

こういうロボットを導入する場合

購入価格が高い為、導入に慎重になることが

多いがコストを短期で回収できるくらい

安くなればほんと人を雇わなくなる

 

 【スポンサーリンク】

 

 

 

pepperくんの開発費用などを含めて

単体で損益がどうなったかはわかりませんが

世間に対するインパクトをかんがえたら

十分に元は取れているのでしょうね

 

softbankのライバル社に

勤めている身、こちらの投資先は

いつもだいたい失敗している身からすると

ソフトバンクの大胆な投資や

投資先の成功を見ているとほんと凄い

としか言えません

 

確かに大きな借金を背負っているので

財務的には怖い一面もありますが

その投資のおかげでソフトバンクは

がんがん先進的な事に取り組めているのですから

当社も見習ってもらいたいですね

って偉そうに地域社員のたけいちが

言うのもおこがましいですが・・・