弱小投資家たけいちが『米国株・日本株』で億の資産を築く!

大手通信会社の地域社員。アラフォー既婚者。『米国株』は投資信託2種類の積立投資とレバレッジETFで運用し、『日本株』は個別ミニ株を独自考案の月足RSIを用いた手法で中長期トレードし『億』の資産を目指す!


にほんブログ村

【スポンサーリンク】

運用報告 2018年8月度

 f:id:norikazutake:20180701172459j:plain

 

暑い暑い8月が終わりました。

で、9月も変わらず暑い・・・

週明けには台風が来るみたいですが

暑さが落ち着くのは半ば過ぎでしょうね

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

 2018年8月末 

投資対象 配分 使用額 現状率
レバレッジ(SPXL) 35% ¥0 0.0%
積立①(VTI投信) 18% ¥132,559 1.4%
積立②(QQQ投信) 27% ¥0 0.0%
トレード(個別日本株) 20% ¥275,297 2.8%
現金(円・ドル)   ¥9,311,379 95.8%
合計   ¥9,719,235 100.0%
1億円達成率 9.719%  

 ※金額は全て原価になっております

 

 各資産の状況ですが

レバレッジカテゴリは暴落まで

出番がないのでこのまましばらくは塩漬けに

なりそうです。

ま、現金の塩漬けなので

ある意味では余剰資金を常に

備えているといえば言えますね

 

投信①は『楽天 全米株式インデックスファンド』ですが

こちらは毎営業日こつこつと積立を実施しています。

自分なりのトレードが良かったのか?

何も考えずに積立をしてたら良かったのか?

の壮大な実験になっていますが

たけいちとしましてはトレードで

成功したいとは思っていますが現にトレードは

結果が出てませんので保険の意味も込めて

積立させてもらっています。

 

投信②はiFREE NEXTで8月末に

待望のNASDAQ100の投信が出たのですが

現状はSBI証券のみの取り扱いで

たけいちのメイン口座であるマネックスでは

取り扱いがありません・・・

ま、SBI証券が作った投信ではなく

大和証券が作った投信なのでその内

ラインナップには入りそうですが

入ったら楽天投信とともに積立を

行っていきます。

 

投信①と投信②の割合は1:1.5とします。

グロース寄りですね

 

 

 【スポンサーリンク】

 

 

さいごにトレードですが

こちらは以前からずっとたけいちの研究対象であった

『月足RSI』について実際に運用しながら

実証を行っています。

以前は週足なども研究対象にしていましたが

週足はきっぱりと止めて『月足』

一本でやっていきます。

 

その代わり投資対象は

前回までCore30、Large70、

日経225、ETF10銘柄の計245銘柄でしたが

これにJPX400を加えて

合計462銘柄を対象にしています。

 

投資資金によって購入限度銘柄数を決めて

業種も今の資金が少ないうちは

1業種1銘柄にしています。

 

7月末の月足RSI情報をもとに

現在18銘柄に投資しています

テッィカー 銘柄名 業種
5108 ブリヂストン ゴム製品
5938 LIXILグループ 金属製品
3402 東レ 繊維製品
5401 新日鐵住金 鉄鋼業
8604 野村HD 証券業
7201 日産自動車 輸送用機器
7751 キヤノン 電気機器
3405 クラレ 化学
6268 ナブテスコ 機械
8585 オリエントコーポレーション その他金融
8227 しまむら 小売
4681 リゾートトラスト サービス
5801 古河電気工業 非鉄金属
5233 太平洋セメント ガラス・土石
7911 凸版印刷 その他製品
9107 川崎汽船 海運
4502 武田薬品工業 医薬品
2282 日本ハム 食料品

別途:優待でイオン100株(買値95,900円有) 

 

投資額:179,459円

評価額:181,063円

損益額:+1,604円

 

8月末の月足RSIで新たに

5業種のRSIが35%以下になりましたので

週明けに5銘柄購入します 

 

1812 鹿島 建設
8804 東京建物 不動産
8078 阪和興業 卸売
9766 コナミHD 情報通信
8331 千葉銀行 銀行

 

 

実験では1銘柄10,000円から

スタートしています(端数株投資)

 

最初のトレードは月足RSI(7)が

35%以下になった銘柄を購入し

その後は買い値からの騰落率で

ナンピンを実施しています。

 

現在の資金量では9/3の購入で

規定上限に達しましたので

 

今後の動きとしては

今の水準で買った銘柄を+30%で

決済ポイントに到達するか、

ナンピンポイントに到達するかどちらかに

タッチしない限り保有を続けています。

 

トレードにつきましては

かなり慎重な資金管理を行っています。

なので全然投資できないことになりますが

リーマンで大きく負けた人間としては

石橋はどんだけ叩いても叩きすぎることは

ないと思っています

ただ、だからといって投資をしないという

選択肢はしませんが・・・

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

 

また当ブログは『タダ株』を作り増やしていくことを

目標にもしています。

 

タダ株とは、

例えば株価100円で100株買ったとして

株価が200円になった時点で半分の50株を

売却すると原価を回収したので残った

株は計算上コストが0円となります。

(税金等は上の計算では未考慮)

 

その後その株が仮に0円となったとしても

利益も0になるかもしれませんが

マイナスにはなりません。

またコストが0なので感情的に長期で

持ちやすく結果として何倍にもなる可能性を

持ち続けることができる。かもしれません

 

ナンピンをどこまで行ったかによって

決済するポイントを違うようにしています

+30%だと税金を考慮して約80%分を

決済すれば残りはタダ株となります

ま、実験段階なのでこのような取り組みを

わざわざするよりも保有を続けた方が

結果よかった!!みたいなことにも

なりかねませんが

せっかく株が好きで考える頭もあるので

こういったトレードで暇でやることのない

積立投資や大暴落まで待つしかない

レバレッジ投資の合間に時間つぶしができればな

と思っています。