弱小投資家たけいちが『米国株』で億の資産を築く!

大手通信会社の地域社員。アラフォー既婚者。インデックス投資・ETFなどの保守的運用で億の資産を目指す!独自のRSIを利用した投資法も検証


にほんブログ村

【スポンサーリンク】

舌の根が乾かない内から投資スタイルの変更をする『くそダサい私』

f:id:norikazutake:20180708220638j:plain

 

昨日、セクターETFって本当に有効なんかな?

なんて考えてた

くそダサい米国投資家のたけいちです。

 

くそダサい投資家だからこその

この移り気の早さ!!

 

さっそく考え直して出た答えが

 

これだ!!

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

SPXLを20%

VTIとIJRで40%

QQQを40%

としてみました。

 

グロースやレバレッジを多めにした

まさに『くそダサい投資家!!』

を地でいくポートフォリオです

 

で、たけいちの言い訳を聞いてください

 

SPXLはS&P500のレバレッジETFで

S&P500指数の概ね3倍動きます。

 

そしてレバレッジETFは長期投資に

向いていませんので短期勝負になります。

 

たけいちとしてはS&P500が

直近高値から30%以上下がってから

投資を始めようと思っています。

そうなるとSPXLの価格は概ね

90%下がっているので投資妙味があるのかなと

 

また、20%という配分は仮にSPXLを

買わなかったときでもS&P500が

30%以上も下がっている状況だと

他の投資対象もお買い得になってるので

下値で買うための良い援軍だと思っています。

 

 

続いてVTI+IJRおよび

QQQですが、

VTIは米国全部入りのETFで

現在、私は楽天の代替投資信託を

毎営業日ごとにMyルールに従った金額で

買い入れを行っています。

 

で、ここで昨日考えたセクターETFの

取捨選択ですが

逆張り派の私としては下がっているものに

買いを入れるスタイルなので

買う銘柄と買わない(買えない)銘柄の差が

どんどん広がりそうだと考えました。

 

これはあくまでも私の単なる予想ですが

グロース株の方がバリュー株に比べ

これからも好成績を上げるので?と

思っています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

なのでセクターETFではなく

IJR(米国小型株)や

QQQ(ナスダック100)のような

グロースETFを多めに配分しました。

 

ま、この予想が外れれば

自業自得なので

やっぱ、たけいちは『くそダサい投資家』

やなぁ~と笑ってやってください

 

ということで前回6/24に

私の投資スタイル!!なんて書きましたが

 

舌の根が乾かない内から

『新!くそダサい投資家のスタイル』として

これでやっていこうかなと思います・・・

 

で、何週間か後にまた変わってたりして(爆)

 

【スポンサーリンク】