『RSI投資法』って何?

独自?にあみだした『RSI投資法』についての実践・検証結果を綴っています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります

【スポンサーリンク】

暴落はいつも別の顔してやってくる

f:id:norikazutake:20180325105733j:plain

 

先週の木曜晩から一気に表に出てきた

アメリカの貿易制裁

 

中国も売られた喧嘩は買いますよ

ってな姿勢で一歩も譲る気なし

 

日本はなんとなくうまくやってますよ

って言ってた割には

貿易も外交もけっこう蚊帳の外

 

そこに日本らしさを感じますが

このまま貿易戦争に発展するんでしょうか?

 

とこの記事を日曜に書きましたが

昨日のアメリカ市場は大幅高でした

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

株価も2日連続で大きく下げて

投資家界隈をざわつかせていますが

いまのところまだ暴落までには

全然至っていないというのが

私の思いです。

 

直近で言いますと

1987年にブラックマンデー

1997年にアジア通貨危機

2001年にITバブル崩壊

2008年にリーマンショック

2010年に欧州ソブリン危機

2011年に東日本大震災

2015年にチャイナショック

2018年に仮想通貨バブル崩壊?

 

など危機やショックと言われる事象は

過去いくつも発生しています。

 

最近はちょっとしたことでも

『ショック』ってつけるのはいかがなものか?

とは思いますが・・・

 

日本のマスコミは流行った言語をアホみたいに

水平展開するのが好きみたいで

 『〇〇すぎる』や『〇〇力』など

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

話が若干逸れてしまいましたが

要は何年かごとに訪れる

危機やショックは今までのものとは

少し違った顔をして訪れているという事です。

 

ITバブルで何の実績もない

『.COM』って会社名に付いたら

なんでも爆騰していた会社が

多数生み出されては消え去りましたが

今ではそんなことはないですが、

なんか有効なのかどうなのかわからない

仮想通貨が千数百も生み出されて爆騰してたり

 

返済能力のない人にも住宅ローンを

バシバシ貸して、その債権をまとめたら

AAAになって世界に売りまくっていた

破裂したサブプライム問題は

今は住宅ローンではなく、

自動車ローンや奨学金ローンなどが

返済能力を甘く見積もってバシバシ

貸してたり・・・

 

どこか気を付けても違うところで

何か無理がたたって破裂するという感じで

今まで何度も同じようで

同じではないことを繰り返してきた

歴史があります。

 

今の米中貿易戦争が引き金になり

世界の株価が今後暴落してしまうのかは

わかりませんが、

後から振り返ったら

『あぁ、あれが引き金だったんだね』

という出来事は今までの

歴史の中で起こった出来事とは

若干違った形で現れるんだろうなと

思っています。

 

なので過去に学ぶことは

もちろん大事ですが

それに固執してしまい

新たな発見を見逃してしまうような事が

ないように常にアンテナを

張って日々過ごしていきましょう

 

 

【スポンサーリンク】