『RSI投資法』って何?

独自?にあみだした『RSI投資法』についての実践・検証結果を綴っています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります

【スポンサーリンク】

バフェット指数が最高値更新!

 

f:id:norikazutake:20180120105501p:plain

 

おはようございます

毎日毎日寒いですね~とは言いつつ

大阪の寒さなんて他に比べたら

全然なんでしょうけど・・・

雪もないですしね 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

さて皆さんは

『バフェット指数』って

ご存知ですか??

 

バフェット指数とは・・・

ウォーレン・バフェット氏が
愛用しているとされる、
GDPと上場株式の時価総額の総和を
比べる指標をいいます(時価総額÷GDP)

これは、株式時価総額増加率と
名目GDP成長率は長期的には
収斂するとの主張に基づくもので、
株式相場に急落の可能性は
高まっていないか、あるいは
逆に売り込まれすぎていないかを
見る場合に使われています

 

【スポンサーリンク】

 

 

 その指数が今週末ついに前回の

最高値である2000年3月の

148.5を抜いて

最高値を更新いたしました!

 

【スポンサーリンク】

 

ただ前回の2000年の時と

今回では明らかに様子が違います

 

前回の2000年は知ってる方は

知ってますが『ITバブル』でした。

 

「.COM」と名がつけばどんな会社も

暴騰し、なんでもかんでもITっぽい

感じなら実績なくてもOKってなことで

ボコボコと訳の分からない会社が

上場してましたが

その後はみなさんご存知の通りの

大暴落でナスダックは90%も

値下がりし大多数の実態のない会社は

倒産してしまいました。

 

ま、当たり前ですよね実態がないものでも

時価総額だけは期待で高くなってましたから

 

で、今回はというと

にわかに盛り上がっている仮想通貨関連は

バブルっぽい感じですが

2000年のようには

まだなっていません

 

なので今のこの数値がバブルで

直ちに崩壊するとは思っていません

 

ただ、いろんなことが起こります

想像もしてないようなことも・・・

その時には大きく凹むこともあるかも

しれませんが

このGDPの推移を見てもらえれば

分かると思いますがアメリカ経済は

今のところ順調に右肩上がりです

 

逆に時価総額はそんな順調なGDPを

挟んで上げたり下げたりしています

目線を超長期的に置いて俯瞰すれば

時価総額がGDPを割り込んだ時に買い

持ち続ければいいだけなんだなと

単純に思えてきます

 

投資って短期で大きなリターンを得たいと

思うから失敗するわけで

長期でそれなりのリターンを得ようと

思うのならそれほど難しくないのかも

しれませんね