『RSI投資法』って何?

独自?にあみだした『RSI投資法』についての実践・検証結果を綴っています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

【スポンサーリンク】

割安な投資対象って??

f:id:norikazutake:20171024224811j:plain

今日は雨は夜から降るということで油断してたら

会社帰りけっこう降ってて傘なしで自転車爆走しました。。。

 

 会社出る前に外見ればよかったのに

 

【スポンサーリンク】

 

 当ブログは割安になった株や通貨を見つけて

投資していこうというコンセプトのもと書いています

では割安ってなんなんでしょう??

 

値段だけが底値を形成しているが

ただそれだけであり上昇する見込みがあまりない

 

⇒これは一番投資したらダメなやつですね

もしかしたら一生浮かばれないかもしれませんし

下手したら倒産してしまう可能性もあります。

バフェットの世界でいうもともと繊維業を行っていた

バークシャーハザウェイ社みたいなものです。

 

いわゆるボロ株ともいわれ、たまに何かの拍子に

吹き上げる可能性もゼロではありませんが

基本、その期待を裏切り続けることが多いです

 

優良な企業だが一時的な理由や相場全体の流れから

割安になっている

 

⇒これに投資すべきです!!

今はものすごく順調に世界の株価は上昇していますが

いつ何時、かつてない危機。100年に一度などと

言われて暴落がやってくるかもしれません

 

ただ、過去そういった危機があったとしても

世界は回復をしてきてますし、それ以上に成長しています

本当に競争力のある商品やサービスを提供している

会社は必ず生き残りライバルがいなくなる分

更に成長を続けます。

当ブログではここにスポットをあてています。

 

テクニカルでは『RSI』を中心に

ファンダメンタルでは現在雑誌などでよく取り上げられている

ブロガーさんの投資手法の内、たけいちが気になった

方法を自分でも調べてブログに書いていきます。

 

成長するスピードが速く結果、割安に見える

 

⇒これは俗にいう成長株投資と言われるかもしれませんが

成長のスピードが速すぎて結果、割安という会社があります。

こういった会社はぐんぐんと成長し業績も急拡大します。

ただ②の割安株よりは見つけるのが正直難しいです

 

また、一時的な売り上げの鈍化でも過剰に反応され

株価はジェットコースターのように上下動します。

その振動に耐え抜いた投資家は大きな成果をあげれますが

なかなか耐えるのがつらい時期もあります。

 

あれだけ成長しているアマゾンやグーグルもしかり

また2倍や3倍になるとどうしても売りたくなる心理が

働きます。そういった時に少しきつめに下がると

途端に手放したくなるのも心理としては良くあります。

 

③の割安株は買ったら一生売らない!という心構えで投資し

これから成長をしていく様を見届けたい現状、小型株

などを投資対象にするのなら良いかもしれません

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 当ブログとしましてはを中心の話題とし、

を長期視点用として話題に上げて

は時々触れるという形で運用していきます

 

【スポンサーリンク】

 

 少しブログをさぼっていましたが性根を入れ替えて

毎日書く! もっと積極的に書く!!

もっとタメになることを書く!!!と決意しましたが

未だ新たなコンセプトもないまま見切りで記事を

書いていますので支離滅裂な感じも往々にしてありますが

今後もよろしくお願いします