長期で確実に勝つ割安投資

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外国通貨(FX)で日々検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

はじめまして&簡単なプロフィール

【スポンサーリンク】


2017年6月19日:NY市場概況

f:id:norikazutake:20170520083134j:plain

2017年6月19日 NY市場概況

 

【スポンサーリンク】

 

 

19日のNY株式相場は上昇。

国民議会選を好感した欧州株高の流れが続いた。
アップルやアルファベットなどの主力テクノロジー株が
4日ぶりに大幅反発。

ルスケア、金融、素材、一般消費財なども上昇した一方、
原油安を嫌気したエネルギー株が下落。
主要3指数は、ダウ平均とS&P500が続伸し、ともに史上最高値を更新。
ナスダック総合は4日ぶりに反発し、最高値まで1.31%に迫った。

もとの相場の重しとなったテクノロジー株が軒並み上昇した。
時価総額上位のアップル(+2.86%)、アルファベット(+1.73%)
フェイスブック(+1.48%)などのほか、
エヌビディアも3.76%高と大幅に上昇。

S&P500のテクノロジー指数は1.66%高となり上昇率トップとなった。
米債利回りの上昇を好感し、JPモルガン・チェース(+2.19%)、
バンク・オブ・アメリカ(+2.05%)、ゴールドマン・サックス(+1.95%)
などの金融株も軒並み高。

10年債は利回りが0.036%上昇し2.187%、
2年債利回りは0.040%上昇し1.356%となった。

方、NY原油が44ドル台前半まで下落し、
エクソン・モービルが0.87%安、シェブロンが0.82%安となった。

 
S&P業種別・騰落率ランキング
指数名  
  
1テクノロジー +1.66%
2ヘルスケア +1.08%
3金融 +0.98%
4素材 +0.84%
5一般消費財 +0.81%
6資本財 +0.56%
7生活必需品 +0.50%
8不動産 +0.13%
9通信 -0.20%
10公益 -0.37%
11エネルギー -0.68%

   ※引用元:トレーダーズ・ウェブ

 

ダウ・S&P500は共に最高値を更新しました。

いや~ 強いね~ 強い強い

 

もはや暴落を待ってるやつなんて『バカ』って

言われるんでしょうね すでに言われてるか・・・

 

ま、それでも私は待ちたい

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 ◇あわせて読みたい記事一覧◇

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com