『月足RSI投資法』で勝つ

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外貨で検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

【スポンサーリンク】


2017年6月15日:NY市場概況

f:id:norikazutake:20170520083134j:plain

2017年6月15日 NY市場概況

 

【スポンサーリンク】

 

 

15日のNY株式相場は軟調。
再び下落したテクノロジー株や原油安を嫌気した
エネルギー・資源株の下落が重しとなった。

シアゲート疑惑が再び高まったことも
センチメントの悪化につながった。

ウ平均は朝方に、一時112.69ドル安(-0.53%)まで
下げ幅を広げたが、14.66ドル安(-0.07%)とほぼ変わらずで終了。

イテク株の比重が高いナスダック総合は、一時1.41%安まで下落し、
0.47%安で終了。S&P500も0.80%安まで売られ0.22%安で取引を終えた。


想よりややタカ派的となったFOMCの結果を受けて、
為替市場ではドルが上昇し、米10年債利回りは小幅に上昇したが、
株式市場の反応はまちまち。

利が上昇するなか公益や不動産が逆行高した一方で、
利ざや拡大による収益向上が期待される金融株が下落した。

クノロジー株は続落。アップルは朝方に一時2.03%安まで売られ、
グーグルの親会社アルファベットも2.85%安まで下落。

だ、売り一巡後は買い戻され、それぞれ0.60%安、
0.80%安と下落幅を縮小して取引を終えた。
消費関連では人員削減などを発表したナイキが3.22%安、
業績見通しを引き下げたスーパーマーケットのクローガーが
18.89%安となった。

方、キャタピラー(+1.61%)、ボーイング(+1.60%)の資本財株が
堅調。2銘柄でダウ平均を約33ドル押し上げた。


 
S&P業種別・騰落率ランキング
指数名  
  
1公益 +0.56%
2資本財 +0.55%
3不動産 +0.45%
4通信 +0.05%
5ヘルスケア -0.10%
6生活必需品 -0.17%
7金融 -0.37%
8一般消費財 -0.45%
9テクノロジー -0.48%
10エネルギー -0.68%
11素材 -0.90%

   ※引用元:トレーダーズ・ウェブ

 

最近テクノロジー株は元気がないですね

アマゾンもアルファベット(グーグル)も1,000ドルをつけてから

若干足踏みしています。。。と言っても▲4%くらいですけど

 

そんなテクノロジーよりも厳しいのは小売で

クローガーが▲19%安、 ホールフーズが▲6.7%安、ターゲット▲4.2%

ダラーツリー▲3.4%、ダラーゼネラルが▲4.4%、ナイキが▲3.2%と

冴えません。

 

S&P500採用銘柄でも一気に何十%も下落するってアメリカらしい

 

【スポンサーリンク】

 

 

 ◇あわせて読みたい記事一覧◇

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com