『月足RSI投資法』で勝つ

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外貨で検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

はじめての方は まずココ!からお読みください(当ブログの説明)

【スポンサーリンク】


良い収入=どれだけ多くの人の役に立っているか?

f:id:norikazutake:20170615221241j:plain

 

転職・就職のためのリサーチサイト「Vorkers」がまとめた
「上場企業の時給ランキング」によると、

1位はM&Aアドバイザリー企業のGCAで、時給は7682円だった。
同社は、平均年収が上場企業で唯一2000万円を突破。
月の平均残業時間は73.6時間と長かったが、
時給は飛び抜けて高かった。

Vorkersは「東京電力と中部電力のアライアンス創設、
日立製作所と三菱重工業による事業統合などの大型案件を
手掛けていることが、GCAの給与の高さに反映されている」と分析する。

2位にランクインしたのは、精密機器メーカーのキーエンスで、
時給は6548円。平均年収は1777万円、平均残業時間は71.1時間だった。
「実力主義で、納得感のある給与体系。
 30代半ばで年収が2000万円を超えた人もまれにいる」
などの声が集まった。

3位は、三菱商事(時給6368円)。以下、ファナック(時給6361円)、
三井物産(時給6296円)と続いた。
伊藤忠商事(6位)、住友商事(8位)、丸紅(10位)の
時給も5000円を超えており、
5大商社の全てがトップ10にランクインした。

5大商社で働く人からは、
「1年目で年収500万円、10年目で年収1100万円。
 年功序列から実力主義に移行していくが、
 昇格が遅くても待遇は抜群に良い」(三菱商事)

「若手の時から、日本企業の中では最高水準の給与がもらえるのは
 間違いない。昇進できなかったとしても、
 生涯に渡って相当な年収を維持できる」(三井物産)
などの意見が集まった。

上位30社の平均時給は5134円で、東京都の最低賃金(932円)の
5.5倍に上る結果となった。

調査は2014年~17年にかけて、Vorkersへのレポート回答が5件以上ある
上場企業1645社を対象に実施した。

時給は、有価証券報告書に記載された平均年収を、
各社の標準労働時間と同サイトに投稿されている
平均残業時間の合計で割って算出した。

         引用元:IT mediaビジネスONLINE

 

【スポンサーリンク】

 

 

時給7,682円って・・・

たけいちの時給換算の何倍やねん!!って思ったりするけど

それ以上に価値を会社に提供してるんですよね

 

 読んだ本に書いてありました。。。お金持ちになれる秘訣は

どれだけの人の役に立つか?

らしいです。

 

で、考えてみましょう。

自分の仕事はどれだけの人の役になっているか??

 

・・・・・・あんまりだなぁ

 

だからこの時給換算しかもらえてないのか、いやむしろ貰い過ぎか!?

 

じゃあどうするか??

 

たくさんの人の役に立つ仕事をする。

 

ただ、それだけ!

 

【スポンサーリンク】