『月足RSI投資法』で勝つ

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外貨で検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

はじめての方は まずココ!からお読みください(当ブログの説明)

【スポンサーリンク】


2017年6月13日:NY市場概況

f:id:norikazutake:20170520083134j:plain

2017年6月13日 NY市場概況

 

【スポンサーリンク】

 

 

13日のNY株式相場は反発。
先週末に急落したテクノロジー株が反発。

ウ平均とS&P500はそれぞれ0.44%高、0.45%高で終了し、
史上最高値を更新。
テクノロジー株の比重が高いナスダック総合も0.73%高と反発したが、
2日間の下落幅を埋めるまでには至らず。

日にFOMCの結果公表を控えるなかセンチメントは改善。
投資家の不安心理を表すVIX指数は10.42ポイントと前日から
1.04ポイント低下した。


ェイスブック(+1.51%)、マイクロソフト(+1.25%)、
アルファベット(+0.90%)、アップル(+0.8%)など
主力IT株が反発した。

S&P500のテクノロジー指数は0.85%高と素材(+1.31%)に次いで
上昇率2位となった。FOMC結果公表を前に長期債利回りは低下したが、
ゴールドマン・サックス(+1.03%)やシティグループ(+0.58%)など
金融株もしっかり。

材セクターでは化学のデュポン(+2.12%)やダウ・ケミカル
(+1.95%)が堅調だった。
S&P500の11セクターは通信セクターを除く10セクターが上昇と、
ほぼ全面高。リスクオフ・ムードは大きく後退した。


 
S&P業種別・騰落率ランキング
指数名  
  
1素材 +1.31%
2テクノロジー +0.85%
3エネルギー +0.66%
4一般消費財 +0.60%
5金融 +0.44%
6資本財 +0.35%
7不動産 +0.17%
8公益 +0.16%
9ヘルスケア +0.13%
10生活必需品 +0.04%
11通信 -1.03%

   ※引用元:トレーダーズ・ウェブ

 

結局ダウもS&P500も高値を更新。ナスダックも上昇でした。

少し下がっても即座に資金が入ってきて穴を埋める

 

まだまだリスクオフからリスクオンにはならないですね

通信セクター以外はすべて上昇 

ま、通信はベライゾンとAT&Tでほとんどを占めてますからね

 

昨日・今日のFOMCで利上げになるかどうか?

利上げになればまた円安・株高になるから益々買い機会が遠のきますね・・・

 

【スポンサーリンク】

 

 

 【関連記事】

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com