『月足RSI投資法』で勝つ

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外貨で検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

【スポンサーリンク】


仮想通貨で生き残るのはビットコインで確定なのか?

f:id:norikazutake:20170610144612j:plain

今日はマネックス証券がメンテナンスの為、RSIを含んだチャートが見れず

銘柄紹介がまったく出来ません(泣)

 

【スポンサーリンク】

 

 

ビットコイン価格急騰、
日本人の取引急増で?
なぜ今日本人が爆買い?

近、仮想通貨ビットコインの価格が急騰しています。
積極的に買いを入れているのは日本人投資家と言われていますが、
なぜビットコインに買いが集まっているのでしょうか。
 
れまでもビットコインは価格上昇が続いていましたが、
その主な要因は中国人投資家による買いでした。

国人の中には自国の通貨制度を信用していない人もおり、
事業などで稼いだお金を海外に密かに移転させるケースがあります。
ビットコインはこうした資金の受け皿のひとつとなっており、
これが継続的な買いをもたらしていたわけです。
 
ころが中国当局がこうした動きに神経を尖らせ、
規制を強化したことから、
中国人による買いは少なくなったといわれています。
また、中国ではキャッシュレス化が猛烈な勢いで進んでおり、
一般的な決済目的でビットコインを使う人も増えています。

ックカメラなどが今年の4月から店頭でのビットコイン支払いに
対応したのも、日常的にビットコインを使う中国人観光客を
意識してのことです。
 
国人による買いが減少したことでビットコインの価格は
下がると思われていましたが、現実の動きはまったく逆でした。
昨年末には1BTC=10万円を突破、今年に入って価格はさらに急上昇し、
5月には何と一時30万円を超えるまでに値上がりしています。

近の価格上昇の主な要因は中国人ではなく
日本人投資家の買いといわれています。
 
本では今年の4月から改正資金決済法が施行されており、
ビットコインは準通貨として正規に利用できるようになりました。
法的にグレーな面がなくなったことをきっかけに多くの日本人投資家が
ビットコイン投資に参入したと考えられます。

っとも法整備が進んだとはいえ、
多くの人がビットコインを持つような状況ではありません。
それにもかかわらず価格が急騰するほど日本人による買いが
進んだ背景には、FX(外国為替証拠金取引)からの
投資家流入があるといわれています。

のところ為替市場は値動きが安定しており、投機を狙うFXの投資家に
とっては儲けのチャンスが少なくなっています。
まだ値動きが荒いビットコインに乗り換え、
積極的な売り買いを繰り返しているわけです。
 
かしながら、
こうした動きも徐々に落ち着いてくる可能性が高いでしょう。
少額決済の手段としてビットコインは普及が進んできており、
こうした日常的な使い方をする人にとって、
価格の乱高下はあまり喜ばしいことではありません。

般的な利用が進むにつれて投機的な投資家も減り、
価格は安定してくると考えられます。
今ビットコインが値上がりしているからといって
安易に投機に参戦するのは慎重になった方がよさそうです。

    引用元:THE  PAGE

 

ビットコイン・・・知ってますが仕組みやどこで買うなんてことは

全く興味がないのでわかっていません

 

今や仮想通貨はものすごい進化を続けており近い将来ほんとうに

仮想通貨が世界統一通貨になることも十分には考えられますが、

今はまだ玉石混交な部分もあり

ある日突然、残高がなくなってたとか、暴落して売れないとか

あるんじゃないかと考えてしまします

 

そんな考えは年寄りのひがみなんでしょうか??

 

2000年の少し前 アメリカではITバブルが到来し

どんな会社でも会社名の後ろに『.com』をつければ

たちまちネット企業になり、雨後のたけのこのように

どんどん上場し考えられないような株価がついていました。

 

当時ウォーレンバフェット率いるバークシャーハザウェイは

少し株価が落ち着いていたので散々メディアに叩かれたそうです。

 

ITに投資する人々はしきりに

『今回は違う!』

と言ったとか言わないとかで熱気におかされてましたが

結果は、その後ITバブルははじけてナスダックは90%ほど下落し

『.com』株の大半は姿を消しました。

 

ただ中には『.COM』バブルも乗り切ったGoogleやAMAZONなどの

企業は生き残っていて他の業種の株よりも数倍速く成長しています

 

昔は自動車が出始めたころたくさんの自動車メーカーが乱立して淘汰されましたし

家電メーカーもたくさんあったけど淘汰されてきています。

 

仮想通貨業界もまさに今そのような状態なので今はビットコインが

すごい勢いがあるかとは思いますが実は仮想通貨で生き残るのは

まだ世に出てきていない通貨なのかもしれません。

 

今はまだ仮想通貨に対してかなり否定的な考えではありますが

電子マネーも今や普通に使っていますし、その内当たり前に仮想通貨を

使っているのかもしれません。

 

大事になのは仮想通貨を全く否定するのではなく、

かといって今 投機的に飛びつくのではなくて

仮想通貨によって恩恵を受けそうな企業、

仮想通貨によって地位が危ぶまれる企業

などを今から探して投資したりするのが良いのかもしれませんね

 

【スポンサーリンク】