長期で確実に勝つ割安投資

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外国通貨(FX)で日々検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

はじめまして&簡単なプロフィール

【スポンサーリンク】


2017年6月8日:NY市場概況

f:id:norikazutake:20170520083134j:plain

2017年6月8日 NY市場概況

 

【スポンサーリンク】

 

 

8日のNY株式相場は小幅ながら続伸。
ややハト派的な内容となったECB理事会や
コミー前FBI長官の議会証言が注目されたが主要株価指数は
狭いレンジでの推移となった。

券利回りの上昇を受けて金融株が上昇したほか
半導体株も上昇した一方、公益や生活必需品が下落した。

クノロジー株にけん引されたナスダック総合指数は
史上最高値を更新して終了。
ダウ平均は一時、取引時間中の最高値を更新した。


ベントにらみで主要指数がほぼ横ばいとなるなか、
創業家による株式非公開化が発表された
ノードストロームが10.25%高と急伸。

ライゾンに統合されるヤフーも10.21%高。
統合されるヤフー、AOL、ベライゾンのインターネット事業で
全体の約15%の2100人の人員整理が好感された。

のほかエヌビディアが7.26%高と大幅続伸し上場来高値を更新。
アリババADRが好調な売り上げ見通しを好感し、13.29%高となった。
米長期債利回りの上昇を好感し金融株も軒並み高。
シティグループが2.15%高となったほか、
バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス、
JPモルガン・チェースが1%以上値上がりした。


 
S&P業種別・騰落率ランキング
指数名  
  
1金融 +1.14%
2テクノロジー +0.35%
3素材 +0.34%
4資本財 +0.31%
5ヘルスケア -0.21%
6エネルギー -0.28%
7不動産 -0.42%
8通信 -0.58%
9一般消費財 -0.65%
10生活必需品 -0.79%
11公益 -0.88%

   ※引用元:トレーダーズ・ウェブ

 

昨日コミー氏が議会証言してましたが予想通り大した影響はありませんでしたね

ナスダックは史上最高値を更新しました。

 

業種別を見ると上昇が4 下落が7なので全体的には弱かったですが

金融が指数を引っ張ってるのでしょうね

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 【関連記事】

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com