『月足RSI投資法』で勝つ

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外貨で検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

はじめての方は まずココ!からお読みください(当ブログの説明)

【スポンサーリンク】


2017年6月5日:NY市場概況

f:id:norikazutake:20170520083134j:plain

2017年6月5日 NY市場概況

 

【スポンサーリンク】

 

 

5日のNY株式相場は小幅反落。
ロンドンでのテロ事件を受けて地政学的リスクの意識の
高まりが懸念されたが、主要指数は総じて底堅く推移した。

スダック総合は0.16%安と3日ぶりの小幅反落となったが、
朝方に一時、取引時間中の史上最高値を更新した。

ウ平均とS&P500もそれぞれ0.10%安、
0.12%安とわずかな下落にとどまった。
ただ、8日のコミー前FBI長官の議会証言などのリスクイベントを控え、
持ち高調整が優勢の展開。

週上昇した公益などが値を下げた一方、先週下落したエネルギーや金融は買い戻しがやや優勢となった。


週8日にトランプ大統領から解任されたコミー前FBI長官が
米上院情報特別委員会で証言する予定となっているほか、
英国の総選挙、ECB理事会とドラギECB総裁の記者会見など
リスクイベントが1日に集中する。

ンドンのテロ事件やサウジアラビアなど中東5カ国とカタールとの
国交断絶のニュースが伝えられたが、市場では特段の反応は見られず、
様子見姿勢が強まる程度だった。

資家の不安心理を表すVIX指数は先週末の9.75から10.07へと
わずかな上昇にとどまった。

別ではテロ事件を嫌気したロイヤル・カリビアン・クルーズ(-1.16%)
やウィン・リゾーツ(-1.04%)などのレジャー関連が下落。
アップルは0.98%安となり1銘柄でダウ平均を10ドル押し下げた。
一方、アルファベットが0.78%高の1003.88ドルで終了し、
先週のアマゾン・ドット・コムに続いて1000ドル乗せを達成した。


 
S&P業種別・騰落率ランキング
指数名  
  
1エネルギー +0.17%
2生活必需品 +0.10%
3金融 +0.08%
4テクノロジー +0.07%
5通信 -0.14%
6ヘルスケア -0.29%
7一般消費財 -0.33%
8不動産 -0.34%
9資本財 -0.44%
10素材 -0.46%
11公益 -0.48%

   ※引用元:トレーダーズ・ウェブ

 

 昨日は11業種中、7業種が値下がりし上昇した4銘柄も

あまり上昇しなかった割には全体の値下がりも少なかったです

 

最近テロが続発し世界情勢は不安ですが金融界ではあまり影響なしです

 

ただ、この状態が良いとも思わないのでいずれ大きいことが起きて

しまわないことを祈ります

 

【スポンサーリンク】

 

 

 【関連記事】

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com