『月足RSI投資法』で勝つ

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外貨で検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

【スポンサーリンク】


2017年5月26日:NY市場概況

f:id:norikazutake:20170520083134j:plain

2017年5月26日 NY市場概況

 

【スポンサーリンク】

 

 

26日のNY株式相場はほぼ横ばい。
3連休を前に、主要指数は狭いレンジでもみ合ったが、
S&P500とナスダック総合がわずかに7日続伸し
史上最高値を更新して終了した。

方、ダウ平均は0.01%安とわずかながら下落して終了し、
7日ぶりの反落となった。
週間ではダウ平均が1.32%高、S&P500が1.43%高、
ナスダック総合が2.08%高とそろって上昇した。

済指標はまちまちとなったが、原油は持ち直し、
投資家の不安心理を表すVIX指数は9.81ポイントと
前日から0.18低下した。

要指数が史上最高値圏で推移しバリュエーションの高さも
指摘されるなか、総じて市場予想を上回った良好な企業決算が
相場の支援となっているようだ。

連休前の週末の取引でも利益確定売りが強まることはなかった。
発表された経済指標はまちまち。
1-3月期のGDP改定値は前期比年率で+1.2%と+0.7%から
上方修正された一方、4月耐久財受注(除輸送用機器)は
前月比-0.4%と予想の+0.5%を下回ったほか、
5月ミシガン大学消費者信頼感・確報値の 97.1と予想の97.5を下回った。

CMEのFEDウォッチが示す6月FOMCでの利上げ確率は83%と
ほとんど変化がなかった。

 
S&P業種別・騰落率ランキング
指数名  
  
1生活必需品 +0.33%
2一般消費財 +0.31%
3素材 +0.29%
4資本財 +0.09%
5エネルギー +0.08%
6テクノロジー +0.01%
7公益 -0.06%
8金融 -0.06%
9通信 -0.17%
10ヘルスケア -0.21%
11不動産 -0.64%

   ※引用元:トレーダーズ・ウェブ

 

昨日もS&P500とナスダックは高値更新し

7日連続上昇!!

 

ダウは0.01%下がって7日連続ならずですがほぼ変わらず!

ですが、相変わらず強いね。。。

 

トランプがG7で俺が俺がな動きしようと

娘婿(クシュナー氏)がロシアとの関係があろうとお構いなし

 

たけいちの出番も今年もなし!ですかね

 

【スポンサーリンク】

 

 

 【関連記事】