『月足RSI投資法』で勝つ

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外貨で検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

はじめての方は まずココ!からお読みください(当ブログの説明)

【スポンサーリンク】


2017年5月22日:NY市場概況

f:id:norikazutake:20170520083134j:plain

2017年5月22日 NY市場概況

 

【スポンサーリンク】

 

 

22日のNY株式相場は3日続伸。
サウジアラビアによる米企業への大型投資の可能性が好感された。
ボーイング、ロッキード・マーチンなどの航空・防衛関連株のほか
フォード、シスコ・システムズなどの工業、
テクノロジー株を筆頭に幅広い銘柄が上昇した。

OPEC総会を控え原油が高止まりしたことも支援となった。
投資家の不安心理を表すVIX指数は先週末の12.04から10.93へと低下し、
再び歴史的低水準となった。
S&P500は前日比0.52%高の2394.02ポイントで終了し、
先週1週間の下落分を取り戻した。
ダウ平均とナスダック総合もそれぞれ0.43%高、0.82%高で終了し、
主要3指数はそろって3日続伸した。

シアゲード疑惑など政治的不透明感が意識されるなか、
サウジアラビアによる米企業のへの大規模投資の可能性が好感された。
同国が米ブラックストーン・グループのインフラ投資関連ファンドに
200億ドルを投資することが明らかになったほか、
米企業への総額3000億ドル規模度の投資で合意したとのニュースを受けて
センチメントが大きく改善した。

ラックストーン株が6.73%高となったほか、ボーイング(+1.61%)、
ロッキード・マーチン(+1.55%)が上昇。
CEOの交代を発表したフォードも2.12%高となった。
シスコ・システムズ(+1.22%)などのテクノロジー株も堅調。
先週の0.78%安となったS&P500のテクノロジー株は0.95%高となり、
11業種中、上昇率トップとなった。

 
S&P業種別・騰落率ランキング 
  
1テクノロジー +0.95%
2公益 +0.90%
3資本財 +0.70%
4生活必需品 +0.62%
5一般消費財 +0.55%
6金融 +0.30%
7不動産 +0.26%
8ヘルスケア +0.24%
9通信 +0.08%
10素材 +0.03%
11エネルギー -0.17%

   ※引用元:トレーダーズ・ウェブ

 

昨日も順調に値を上げています。このまま一生下がらないのではないか?

と心配するくらいですが高値もあまり更新してないんですよね

 

トランプや世界情勢には一応気を使っているものの下値では

金余りからどんどん押し目を買っていくから値が下がらない。。。みたいな感じ?

 

ま、暴落を待つ身としましては待つしかないですよね

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

【関連記事】

www.wariyasutousi.com