『月足RSI投資法』で勝つ

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外貨で検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

【スポンサーリンク】


銘柄紹介 【4755】楽天

f:id:norikazutake:20170520232036j:plain

東証一部   サービス業

日経225、JPX400、Large70に採用

銘柄紹介:ネット通販で国内双璧。金融、旅行など総合路線。
     社内英語公用化。MVNOは先行投資期

 
【スポンサーリンク】 

 


四季報一言:反発

四季報:爽快ドラッグフル連結、売上高300億円上乗せ。カード貢献拡大。
    国内ECも業容拡大に加えポイント負担軽減。海外のれん減損大幅減。
    MVNO先行費用、FCバルセロナのパートナー契約料こなす。

    EC出店者向けページ診断機能強化し品質底上げ。
    MVNOは複数回線契約向けキャンペーンで攻勢。
    三木谷氏が出資の米ベンチャー通じ医療領域進出。

 

発行済株式数:1,432,663,500株

株価:1,273.5円  ※5/19時点

時価総額:1,824,497百万円 ※5/19時点

時価総額:78位 ※2017年3月31日時点

 

配当金:4.5円   ※16年度

配当率:0.35%  ※16年度

配当性向:16.90%  ※16年度

配当月:6・12月

 

PER:43.18倍 ※5/19時点   

PBR:2.41倍 ※5/19時点 

 

優待情報:100株以上(12月末)

     ①楽天市場200円クーポン:4枚

     ②楽天トラベル 国内宿泊クーポン(2,000円相当)

        ③koboで電子書籍購入で楽天ポイント+2%

     ④抽選で株主限定楽天イーグルスグッズ

     ⑤楽天イーグルスの試合を特別価格

     ⑥ 抽選で株主様限定ヴィッセル神戸グッズをプレゼント

     ⑦ ヴィッセル神戸主催公式戦観戦チケットを優待価格

     ⑧ 楽天証券口座にて自社株式を保有している株主様限定
       楽天証券口座での自社株式購入に係る手数料について
       30%ポイント還元及び、マーケットスピード利用料1年間無料

 

※月足RSI(7)の過去10年推移 

RSI31%
以下
  月足RSI
  (7)
始値 購入株数 累計株数 平均単価
2007年6月    27        
2007年7月    24 ¥423 23.64株 23.64株 ¥423.0
2007年8月   ¥370 27.03株 50.67株 ¥394.7
2012年12月    29        
2013年1月   ¥677 14.77株 65.44株 ¥458.4
2013年3月    2倍達成で半分売却し、残り半分はコスト0円で永続保有
2016年1月    28        
2016年2月    23 ¥1,265 7.91株 7.91株 ¥1,265.0
2016年3月    25 ¥1,065 9.39株 17.29株 ¥1,156.4
2016年4月   ¥1,082.5 9.24株 26.53株 ¥1,130.7
2016年6月    31        
2016年7月   ¥1,108.5 9.02株 35.55株 ¥1,125.1


※コメント

 楽天はたけいち自身あまり利用してないです・・・って書いたけど

旅行(楽天トラベル)では何度かお世話になったことがあります。

 

昔は楽天ポイントとかも貯めてましたがなんかうまく期限を利用して

買わされてるなぁと思ってからは使うの止めました。

楽天カードは持ってますが使っていません。解約しようと思って

音声ガイダンスに沿って作業してたら最後の最後でなんか終了してしまう

面倒になってカードにハサミを入れて捨てました。

ま、解約してないのでまた時期になったら新しいのが送られてくるのでしょうが

 

さて株価ですが楽天もリーマンショックの影響をさほど受けてないみたいで

あまり下がらず3度の買い機会しかありませんでした。

2013年3月には早々に2倍に到達し、コスト0化を達成しました。

その後も順調に伸びていき2015年4月には2,395円をつけて

5倍高を達成したところまでは良かったんですが

そこから楽天自体の売り上げが頭打ちになったのかなんなのか原因はよく

分かりませんが半額くらいまで価格が下がりました。

だからといってそこまでは買い機会がなく4回(平均1,125円)くらいで

株価は落ち着きを取り戻し、今は底堅い動きをしています。

 

こういったECサイトは今や星の数ほど出現しておりなかなか楽天の優位性を

発揮できない時代にはなっていますがいろいろな新しい事業に挑戦しつつ

変化に対応していっているように思えます。


【スポンサーリンク】 

 

 

【関連記事】 

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com

www.wariyasutousi.com