『月足RSI投資法』で勝つ

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外貨で検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

【スポンサーリンク】


銘柄紹介 【8035】東京エレクトロン

f:id:norikazutake:20170516230846j:plain

 東証一部   電気機器

日経225、JPX400、Large70に採用

銘柄紹介:半導体製造装置で世界4位。前工程用に強み。

                  世界首位の米国アプライド社との統合は破談 

【スポンサーリンク】

 

 

四季報一言:最高益 ↑

四季報:半導体製造装置は3次元NAND用で顧客の投資意欲が旺盛。
    最先端ロジック用も大幅増。18年3月期はメモリ用なお好調。
    台湾ファウンドリー向け堅調。生産効率化も奏功。10期ぶり最高純益、増配

 

    政府が半導体産業育成に注力の中国市場は18年ころから
    現地企業の投資本格化見込む。
    半導体装置の需要は好調だが、新工場建設は検討せず生産性向上を優先。

 

発行済株式数:165,210,911株

株価:15,295円  ※5/16時点

時価総額:2,526,901百万円 ※5/16時点

時価総額:62位 ※2017年3月31日時点

 

配当金:352円   ※17年度

配当率:2.30%  ※17年度

配当性向:50.10%  ※17年度

配当月:3・9月

 

PER:15.40倍 ※5/16時点   

PBR:3.90倍 ※5/16時点 

 

優待情報:株主優待はありません

 

 

※月足RSI(7)の過去10年推移 

RSI31%
以下
  月足RSI
  (7)
始値 購入株数 累計株数 平均単価
2007年10月    27        
2007年11月    29 ¥6,870 1.46株 1.46株 ¥6,870.0
2007年12月    31 ¥6,800 1.47株 2.93株 ¥6,834.8
2008年1月    25 ¥6,540 1.53株 4.46株 ¥6,733.6
2008年2月   ¥6,390 1.56株 6.02株 ¥6,644.3
2008年3月    26        
2008年4月   ¥5,970 1.68株 7.70株 ¥6,497.5
2008年9月    24        
2008年10月    17 ¥4,760 2.10株 9.80株 ¥6,124.9
2008年11月    15 ¥3,240 3.09株 12.88株 ¥5,433.7
2008年12月    24 ¥2,555 3.91株 16.80株 ¥4,762.9
2009年1月    29 ¥3,300 3.03株 19.83株 ¥4,539.3
2009年2月    29 ¥3,320 3.01株 22.84株 ¥4,378.5
2009年3月   ¥3,240 3.09株 25.93株 ¥4,243.0
2010年8月    31        
2010年9月   ¥3,950 2.53株 28.46株 ¥4,216.9
2011年8月    26        
2011年9月    25 ¥3,660 2.73株 31.19株 ¥4,168.1
2011年10月   ¥3,490 2.87株 34.05株 ¥4,111.1
2012年9月    31        
2012年10月   ¥3,325 3.01株 37.06株 ¥4,047.3
2014年11月    2倍達成で半分売却し、残り半分はコスト0円で永続保有

 

※コメント

半導体世界4位ということで他にはどんな会社があるかというと

2016年の情報によりますと

 

世界1位:アプライドマテリアルズ(アメリカ)

世界2位:ASMIL(欧州)

世界3位:Lam Research(アメリカ)

世界4位:東京エレクトロン(日本)

世界5位:KLA-Tencor(アメリカ)

 

となっていまして日本勢は

6位:SCREEN

7位:アドバンテスト

9位:日立ハイテクノロジーズ  と続いています。

 

半導体も景気の波をかなり受ける業種の1つであるため景気の指標的な

使われ方をすることもできるかもしれませんが今、株価が絶好調なので

景気も良い?ということなんでしょうか・・・ほんま?

 

さて株価はリーマンショック後、15回の買い機会がありました。

4,047円平均の玉は2014年11月には2倍に到達しコスト0化達成。

 

それ以降は新たな買い機会は訪れず株価は右肩上がりで推移しています。


【スポンサーリンク】