長期で確実に勝つ割安投資

投資初心者 必見!! 投資の知識があまり無くても月足RSIの判断だけで長期運用すれば  儲けることができるのか!? を日本株・米国株・外国通貨(FX)で日々検証しています


毎日のあなたの1票がブログ更新の励みになります🎵 応援よろしく!!

はじめまして&簡単なプロフィール

【スポンサーリンク】


銘柄紹介 【7751】キヤノン

f:id:norikazutake:20170510234403j:plain

 

【スポンサーリンク】

 

 

東証一部  電気機器

日経225、JPX400、Core30、たけいち30に採用

 

銘柄紹介:カメラ、事務機器の最大手。一眼レフはシェア5割強。

     半導体・液晶露光装置、監視カメラも展開

 

四季報一言:底打ち ↗

四季報:一眼レフは競合の生産復調受け苦戦も、IJPは高機能品の

    欧米販売開始が奏功。

    LBPもOEM先の在庫調整終わり上向く。

    有期EL需要で露光装置や蒸着装置も好調。償却費重いが営業益底打ち

 

    前期買収の東芝メディカルを核に医療事業を事業の柱に育成方針

    需要底堅い商業印刷分野など新規事業への投資は一段と拡大。

    生産の国内回帰促進、合理化を追求していく。

 

発行済株式数:1,333,763,464株

株価:3,750円  ※5/2時点

時価総額:5,001,613百万円 ※5/2時点

時価総額:15位 ※2017年3月31日時点

 

配当金:150円   ※17年度

配当率:4.00%  ※17年度

配当性向:108.70%  ※17年度

決算月:6・12月

 

PER:22.75倍 ※5/2時点   

PBR:1.51倍 ※5/2時点 

 

※月足RSI(7)の過去10年推移

RSI31%
以下
  月足RSI
  (7)
始値 購入株数 累計株数 平均単価
2007年12月    31        
2008年1月    24 ¥4,950 2.02株 2.02株 ¥4,950.0
2008年2月    31 ¥4,630 2.16株 4.18株 ¥4,784.7
2008年3月    28 ¥4,590 2.18株 6.36株 ¥4,718.0
2008年4月   ¥4,600 2.17株 8.53株 ¥4,687.9
2008年9月    26        
2008年10月    22 ¥3,950 2.53株 11.06株 ¥4,519.1
2008年11月    19 ¥3,430 2.92株 13.98株 ¥4,291.9
2008年12月    18 ¥2,865 3.49株 17.47株 ¥4,006.8
2009年1月    16 ¥2,890 3.46株 20.93株 ¥3,822.2
2009年2月    19 ¥2,420 4.13株 25.06株 ¥3,591.0
2009年3月    28 ¥2,420 4.13株 29.19株 ¥3,425.3
2009年4月   ¥2,860 3.50株 32.69株 ¥3,364.8
2012年1月    31        
2012年2月   ¥3,305 3.03株 35.72株 ¥3,359.7
2012年7月    25        
2012年8月    24 ¥2,629 3.80株 39.52株 ¥3,289.4
2012年9月    22 ¥2,596 3.85株 43.37株 ¥3,227.8
2012年10月    27 ¥2,462 4.06株 47.43株 ¥3,162.3
2012年11月   ¥2,581 3.87株 51.31株 ¥3,118.4
2016年2月    28        
2016年3月   ¥3,179 3.15株 54.45株 ¥3,121.9
2016年6月    29        
2016年7月    30 ¥2,927 3.42株 57.87株 ¥3,110.4
2016年8月   ¥2,885 3.47株 61.34株 ¥3,097.6
2016年9月    31        
2016年10月   ¥2,945 3.40株 64.73株 ¥3,089.6

 

※コメント

キャノンって小さい”ャ”ではなく大きい”ヤ”なんですよね

ま、どうでもいい話かもしれませんが。。。

 

カメラはスマホに押されてだいぶ苦戦しているようでそのことから

株価もあまり上昇していません。ただ今後は新しい分野にも積極的に

取り組んでいくみたいなので、その点に改善が見られたら株価も回復するかも

 

で、その株価ですがリーマンショック後、2012年11月までに16回の

買い機会があり、2015年4月に4,500円を少し超えるまで回復しましたが

再び軟調になり2016年から新たに4回の買い機会がありました。

現状3,089円まで平均価格は下がっていますが2倍の6,200円まで

戻るのはなかなか難しいのでしょうかね?

 

またキヤノンは高配当銘柄であるのもよく知られていますが

ここで気を付けたいのは配当性向が100%を超えていることです。

このまま業績が回復しなければ減配も十分にありえますので

すぐに高配当でなくなる可能性があります。

 

なので配当目当てで買われるのなら気を付けたほうがいいと思います。

 

【スポンサーリンク】